地盤品質判定士会|関西支部

関西支部 規約

地盤品質判定士会関西支部規約

(名称)
第1条 本支部は、地盤品質判定士会関西支部と称する。
(目的)
第2条 本支部は、住宅及び宅地の安全と防災に貢献するため、第3条に示す地域で活動する地盤品質判定士の相互支援および資質の向上に努めるとともに、一般市民への啓発を図ることを目的とする。
(組織)
第3条 地盤品質協議会に登録する大阪府、京都府、兵庫県、奈良県、滋賀県、和歌山県、福井県(以下「関西」という)に在住在勤の地盤品質判定士、同判定士補(以下「判定士会員」という)で構成する。
ただし、関西支部の活動に賛同する他県の判定士会員を含む。
(事業)
第4条 本支部は、第2条の目的を達成するために、必要に応じて地盤品質判定士会本部と相互協力を行うとともに、第9条に定める幹事会の議決を経て次の事業を行う。
(1)自治体と連携・協働し、市民に対して地盤や宅地に対する知識の啓蒙を行い、具体的な事案に関する相談、助言を行うこと。
(2)会員相互の意見交換や情報共有ならびに親睦を図ること。
(3)講習会、研修会、見学会などを行い、会員の技術向上を図ること。
(4)建築、土木、法曹関係など関連する諸団体と連携・協働すること。
(5)地盤品質判定方法の基準化及び見直し。
(役員)
第5条 本支部に、次の役員をおく。
支部長 1名、 副支部長 若干名、 会計 1名、 幹事 数名
(役員の選出)
第6条 支部長・副支部長・会計・幹事は、総会において支部会員より選出する。
(役員の任期)
第7条 役員の任期は2年とし、再任を妨げない。ただし、補欠により選任された役員の任期は、前任者の残任期間とする。
 2 役員は、任期終了後でも後任者が就任するまでは、その職務を行わなければならない。
(役員の任務)
第8条 支部長は、本支部を代表として会務を掌る。
 2 副支部長は支部長を補佐し、支部長事故あるときは、副支部長、幹事長、幹事の順で職務を代行する。
 3 会計は、本支部の会計を担う。
 4 幹事は、事業の企画・運営を担う。
(幹事会)
第9条 幹事会は、第5条に定める役員で構成し、支部長が招集するものとする。
 2 幹事会には、支部長の要請により、第10条に定める顧問の出席を求めることができる。ただし、顧問は幹事会の議決権を有しない。
(顧問)
第10条 本支部に、幹事会の議決で顧問をおくことができ、次期総会で報告するものとする。
 2 顧問の任期は、第7条に記載の期間とする。
(会計)
第11条 本支部の経費は、会費・助成金・寄付金その他の収入をもってあてる。
 2 会計は、当該年度の経費を取りまとめた会計報告を総会に諮る。
(総会)
第12条 支部の前回総会以降の事業報告等の承認及び次期総会までの活動方針、役員の選出等審議を行うものとし、支部長が招集する。
 2 総会は2年ごとに開催するものとするが、支部長が必要と判断する場合は、臨時総会を開催することができる。
 3 総会の議決は、総会出席者(委任状を含む)の過半数以上の賛成で成立するものとする。
(事業年度)
第13条 本支部の事業年度は、毎年4月1日から翌年3月31日までとする。
(その他)
第14条 この支部規約の施行にあたり必要な事項は、支部長が会員に諮り別に定める。
 2 支部規約の改廃は、幹事会が発議し、総会の議決により成立するものとする。
附則
1. 本支部規約は、平成30年10月13日より施行する。
2. 事業年度の初年度は、設立日から翌年度末の3月31日までとする。
3. 支部設立総会は、第12条の適用外とする。

News

2019年度 被災建築物の応急危険度判定(養成)講習会のご案内

2019年度 被災建築物の応急危険度判定(養成)講習会のご案内

地盤品質判定士会関西支部 各位

2019年度「被災建築物の応急危険度判定養成講習会」の
ご案内が届きましたので、ご連絡いたします。

◆ 申込先・講習会に関するお問合わせ先 ◆
一般財団法人 大阪建築防災センター 企画耐震部
 TEL 06-6942-0190 / FAX 06- 6943-6740
 〒540-0012大阪市中央区谷町3-1-17
  HP: https://www.okbc.or.jp/course/2979/