一般社団法人 地盤品質判定士会 中部支部

地盤の評価(品質判定)に関わる調査・試験の立案、調査結果に基づく適切な評価と対策工の提案を行います。

地盤品質判定士とは

  • 地盤品質判定士は、宅地における地盤災害を防止したり軽減する為、依頼に応じて、限られた情報の範囲内で、地盤の品質を確認・評価して説明を行う、地盤工学の専門知識と倫理観を有する地盤の専門技術者です。
  • 地盤品質判定士は,依頼者が地盤の安全に対して,依頼者にとっての最適な選択をできるように,メニュー(条件ごとの対応方法)を提示して,分かり易く説明します。
  • 地盤品質判定士は、地盤の品質に関する地盤品質評価書を発行することができます。
  • 地盤品質判定士は、戸建てに関わる関係者(購入者(消費者)、不動産業、工務店(ハウスメーカー)、建築士、宅地建物取引士、不動産鑑定士、宅地造成業、行政機関、弁護士、裁判所、他)を地盤の観点で支援(情報提供・相談)する地盤の専門家です。

 

|地盤品質判定士制度と一般社団法人地盤品質判定士会の設立|

2013 年2 月4 日に設立された地盤品質判定士協議会は,土木工学・建築工学分野や不動産・住宅関連産業に従事する地盤技術者を対象に,地盤品質判定士の資格制度を創設しました。この資格制度では,2 種類の資格(「地盤品質判定士」と「地盤品質判定士補」)を設けています。地盤品質判定士は,宅地の造成業者,不動産業者,住宅メーカー,住宅及び宅地の取得者(購入者)の間に立ち,地盤の評価(品質の判定)に関わる調査・試験の立案,調査結果に基づく適切な評価と説明および対策工の提案等を行います。地盤品質判定士並びに地盤品質判定士協議会は,広く社会に貢献することを目指します。
地盤品質判定士の資格制度が出来て、全国に地盤品質判定士が揃ってきたタイミングで,2015年2月に地盤品質判定士協議会の内部組織として地盤品質判定士会が設立されました。地盤品質判定士会の設立目的は,住宅及び宅地の防災及び国民の安全に貢献するために,会員の技術の研鑽とモラルの向上,ならびに社会への啓発を図る事です。
2018 年2 月27 日,地盤品質判定士が国土交通省の「平成29 年度 公共工事に関する調査及び設計等の品質確保に資する技術者資格」のうち,「宅地防災」の施設分野で登録されました。国及び地方公共団体が発注する宅地防災に関わる業務において,地盤品質判定士が管理技術者・照査技術者を担当することのできる資格になりました。社会で幅広く活躍することが期待されています。
2020年4月には、地盤品質判定士会を法人化しました(一般社団法人 地盤品質判定士会)。これにより,今後全国で展開される予定の「大規模盛土造成地等の耐震化事業」に積極的に協力していける体制が出来ました。現在,地方公共団体などと宅地地盤などに関する協定締結を積極的に進めて,安全・安心な宅地地盤環境を実現すべく活動を展開しています。これまでに,横浜市と「災害に強い安全なまちづくりに関わる協定」,逗子市と「宅地防災等に関する協定」,川崎市と「宅地防災等に関する協定」ならびに札幌市と「災害時における宅地の防災に関する協定」を締結しました。これらの協定を活用して,更に地方公共団体などによる啓発事業や災害住宅の復旧・復興事業などへの協力と支援を積極的に行っていく予定です。

News

【申し込み期限延長】地盤品質判定士会中部支部 設立特別講演会

【申し込み期限延長】地盤品質判定士会中部支部 設立特別講演会

10/7(木)に開催されれる地盤品質判定士会中部支部 設立特別講演会につきまして、多数のご応募いただきありがとうございます。まだ、定員まで若干の余裕がございますので申込期限を9/30(木)まで延長致します。

是非ご検討ください。

地盤品質判定士会中部支部 設立特別講演会のお知らせ

地盤品質判定士会中部支部 設立特別講演会のお知らせ

本講演会は、地盤品質判定士会の活動状況のほか、宅地地盤の耐震化に関する話題や中部地域の地質・土質の特徴や地盤工学的課題、盛土の物性評価、戸建て住宅等に関連する技術知見の紹介など、住宅・宅地・盛土に関心をお持ちの皆様に興味を持ってお聞き頂ける内容となっております。是非、ご参加頂けますようお願い申し上げます。

日時:2021年10月7日(木) 9:00~16:30

会場:ウインクあいち(会議室1103) 愛知県名古屋市中村区名駅4丁目4-38

※ WEB参加の方にはZoomのURLとパスコードを配信致します

定員:現地参加 先着50名、WER参加 先着100名

2021年度(令和3年度)第2回中部支部幹事会議事録

2021年度(令和3年度)第2回中部支部幹事会議事録

去る2021年7月29日に2021年度地盤品質判定士会中部支部の幹事会を実施致しました。

詳細については議事録をご確認ください。

2021年度(令和3年度)中部支部幹事会議事録

2021年度(令和3年度)中部支部幹事会議事録

去る2021年5月14日に2021年度地盤品質判定士会中部支部の幹事会を実施致しました。

詳細については議事録をご確認ください。

【お知らせ】第167回防災アカデミー(オンライン)を開催します(主催:名古屋大学減災連携研究センター)

【お知らせ】第167回防災アカデミー(オンライン)を開催します(主催:名古屋大学減災連携研究センター)

名古屋大学減災連携研究センター主催で、以下の講演が実際されます。一般市民向けのアカデミーですが、地盤品質判定士や地盤品質判定士を目指す方々にとっても有意義な講演になると思われますので、ご紹介いたします。

講師:釜井俊孝さん(京都大学防災研究所教授)

内容:宅地の防災学  ー未災の地盤ー

日時:2021年7月6日(火)18:00~19:30

人口減少、低成長の時代を迎え、都市づくりも転換点を迎えている。しかし、古いニュータウンでは、斜面災害のリスク、特に谷埋め盛土の地すべりのリスクが存在し、今も再生産されている。そこで、これらのリスクの発生・発展の過程と災害のメカニズムを辿ることで、ポストモダン時代の宅地防災について考える。

お申込みは下記サイトをご確認ください。