地盤品質判定士会理事長挨拶

2020年4月1日

一般社団法人 地盤品質判定士会設立について

一般社団法人地盤品質判定士会  理事長 北詰 昌樹

地盤品質判定士の資格制度は、東日本大震災を契機に宅地における地盤災害の防止や軽減に貢献することを目的として平成25年(2013年)に制定されました。
それに伴い、住宅及び宅地の防災及び国民の安全に貢献するため,会員の技術の研鑽とモラルの向上ならびに社会への啓発を図ることを目的に平成27年(2015年)に地盤品質判定士会が設立されました。

地盤品質判定士会では、設立当初より一般市民向けの相談会やセミナーなどの開催に加えて、地盤災害などに関する住民支援などの活動を精力的に実施してきております。

また、近年の住宅災害、地震災害、土砂崩れ災害などのリスクの高まりを受け、地方自治体等からの住民支援やフォローアップ支援の協力要請も増え、活動範囲もますます拡がってきております。
これらをさらに積極的、精力的に進めるために、この度、一般社団法人地盤品質判定士会を設立いたしました。

法人化によって、地方自治体等との宅地防災に関わる更なる連携が期待され、相談会やセミナーを通じた地盤品質や住宅災害・地震災害などにかかわる幅広い活動を、これまで以上に効率的かつ効果的に進めていく所存です。

令和2年4月吉日

Posted by 伊東広敏