JISが改正されました

令和2年10月26日付で「JIS A 1221 スクリューウェイト貫入試験方法(旧スウェーデン式サウンディング試験方法)」が公示されました。


JIS A 1221 スクリューウェイト貫入試験方法
Method for screw weight sounding test

この規格は、2017年に第1版として発行されたISO 22476-10を基とし、我が国で使用されている試験装置及び試験方法によって長年蓄積された地盤データに基づいて建築、土木などの設計体系が成り立っていることを考慮し、技術的内容を変更して作成した日本産業企画である。この試験装置及び試験方法は元々スウェーデンで開発されたものであるため、我が国では導入元である国名を考慮して旧規格までは“スウェーデン式サウンディング試験”という名称としていた。しかし、対応国際規格ではスウェーデンという国名が付けられていないこと、並びに我が国では試験装置及び試験方法が独自に発展し、対応国際規格とは異なるものとなっていることから、規格名称を“スクリューウェイト貫入試験方法”と変更した。

(「JIS A 1221 スクリューウェイト貫入試験方法」序文より)


詳細につきましては、下記の日本産業標準調査会のJISデータベースJIS閲覧サービスの内、JIS A 1221 のURLで確認してください。

https://www.jisc.go.jp/app/jis/general/GnrJISSearch.html

JIS改正内容の要旨については後日HPにアップします。