書籍「地盤と建築をつなぐ-地盤品質判定士をめざして」販売のお知らせ

2021年6月吉日

地盤品質判定士および地盤品質判定士補のみなさま

一般社団法人地盤品質判定士会
総務企画副委員長 大串 豊

拝啓 時下ますますご清祥の段、お慶び申し上げます。平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

 この度、一般社団法人地盤品質判定士会では東海大学名誉教授の藤井衛先生監修の書籍「地盤と建築をつなぐ-地盤品質判定をめざして」の販売取り扱いを致します。
 この書籍は地盤品質判定士の資格取得を目指す方には必携の書籍ではありますが、すでに資格を取得済みのみなさまにも、地盤知識の整理として必読頂きたい、お勧めの書籍となります。下記のとおり、藤井先生より書籍の推薦文を頂戴いたしましたので、ご案内申し上げます。
 ぜひ、書籍のご購入を賜りますよう何卒よろしくお願い致します。

敬具

【藤井先生よりの書籍推薦文】

 本書は,地盤工学とは無縁な建築士や不動産関係者およびこれから土地を購入しようとしている一般の方々を対象に,地盤品質判定士補の資格を取得してもらうことを目的に書かれたものです。ただし,単なる受験本とならないように,過去問の内容とは離れて,宅地地盤の品質評価を行う上で必要と判断した事項は必ず含めるようにしました
 例えば,土の基本的性質や締固めに関する考え方とそれに伴う沈下,コンクリートや鉄筋に関する知識,杭基礎の基本的知識,地震動による液状化のメカニズムと液状化の対策方法,深層混合処理工法の品質管理,宅地地盤・土砂災害に関する法制度のまとめなどです。
 本書は,これまでの建築基礎工学や土木の地盤工学の書籍から宅地に必要な知識を抜粋したもので,いわゆる建築と土木を融合した内容となっており,この一冊で宅地における地盤の品質評価が十分に可能であるように作成されています。すでに,資格を取得された皆様にとっても新しい情報がふんだんに含まれていると思います。特に,本書は,イラストや漫画を導入し,委員からはこれ以上分かりやすく書けないと泣きが入るほど,何度も見直しを続けてきました。必ず,皆様のお役に立てることができるものと信じております。ぜひ,本書を皆様のお手元に置かれることを切に願う次第です。