【不動産鑑定 2021年10月号】に利藤幹事長と門田宅地防災部長が参加した座談会セミナーに関する記事が掲載されました

地盤品質判定士会から利藤幹事長と門田宅地防災部長が「傾斜地災害対策と土地評価」と題した鑑定セミナーに参加され、その様子が『不動産鑑定 2021年10月号』に記事として掲載されました。

熱海市の土石流や大阪西成区の擁壁崩壊の事例について詳細に説明され、地盤の専門家からみた原因や問題点等の見解が記されています。
また、近年問題となっている不適切な盛土や大規模盛土造成地(宅地耐震化事業)の最新動向にも詳しく記載されており、とても有益な記事となっております。

以下に、住宅新報出版様のご厚意により、抜粋版を掲載させて頂きますので、是非、購入して一読されることをお勧めします。