【11/12 開催】「2021年度 相談員研修〔公共〕」開催のお知らせ

令和3年11月12日(木)に「2021年度 相談員研修〔公共〕」が開催されます。

 南海トラフ地震,日本海溝・千島海溝周辺海溝型地震,首都直下地震などの大規模地震の発生が切迫しており,国民の生命・財産を守り,災害に屈しない強靱な国土づくりを進める目的で,政府は「防災・減災,国土強靭化のための5か年加速化対策」を昨年12月に策定しました。この対策の1つとして「大規模盛土造成地等の耐震化に向けた対策」が位置付けられております。また,2021年7月3日に静岡県熱海市で発生した土石流災害を受けて,地方公共団体では,土砂災害警戒区域内や上流にある盛土などに対して,緊急点検が実施されました。点検結果は公表されており,一般市民の盛土造成地に対する防災意識も高まってきています。
 このような背景から,住民参加型の盛土造成地の防災活動等に関する専門家アドバイザーとして(自助・共助の技術的支援等),地盤品質判定士(相談員)の活躍が期待されています。
 このため,地盤品質判定士会においても,当該実務に対応できる相談員の育成を急ぐとともに,実施体制の整備の必要性に迫られています。今回の研修は,大規模盛土造成地の安全対策の一環として予定されている,地方公共団体と民間の専門家(地盤品質判定士等)との連携による宅地防災関連の普及活動について,その必要な知識とスキルを身に付けることを目的として行います。この普及活動としては,『大規模盛土造成地における住民参加型の経過観察』,『住民への宅地防災に関する勉強会・相談会』などが予定されています。
 本研修の内容は,宅地耐震化推進事業関連の知識・基礎技術等を取得するうえでも有用なものとなっておりますので,相談員登録を特に希望されない方,地盤品質判定士でない方々の受講も歓迎いたします。
 なお,本講演会は地盤工学会会館 地下大会議室での実施に加え、Zoomウェビナーによるオンライン配信も予定しておりますので,勤務先もしくは自宅からでも聴講可能となっておりますす。奮って御参加下さい。

〇日時:令和3年11月 12日(金)13:20~17:00
〇会場:地盤工学会会館 地下大会議室及びZoomウェビナーによる研修のハイブリッド(予定)
〇参加費:4,000円(消費税含む)
○申込み方法:下記の申込書に記載のうえ,メールにてお送りください。
○申込締切日時:令和3年11月2日(火)17時
○G-CPDポイント:3.5(予定)

【研修内容】

時 間        内   容       講   師
 13:20~14:20 (60min)宅地耐震化推進事業の概要及び本事業における地盤品質判定士の役割門田 浩一(地盤品質判定士) 【パシフィックコンサルタンツ(株)】
14:20~15:00 (40min)大規模盛土造成地の経過観察における留意点佐藤 真吾(地盤品質判定士) 【(株)復建技術コンサルタント】
15:00~15:10 (10min)休憩
15:10~15:50 (40min)宅地擁壁の老朽化点検及び対策における留意点西村 真二(地盤品質判定士) 【(株) URリンケージ】
15:50~16:30 (40min)戸建て住宅の耐震性品川 恭一(地盤品質判定士) 【(株)一条工務店】
16:30~17:00 (30min)質疑応答川崎 始(地盤品質判定士) 【(株)ジオ・シビル】