「宅地地盤の品質評価に関する技術講習会2020」のお知らせ

2020年6月10日

2020年9月9日に「宅地地盤の品質評価に関する技術講習会2020」が開催されます。

 2013 年 2 月 4 日に地盤品質判定士資格制度が創設されてから 7年目を迎えました。その間、多くの地震や豪雨により地盤災害が発生し、宅地地盤の周辺地形や地質環境を含めた地盤の安定性と地盤リスクを適切に評価することの重要性が再認識されてきています。
 宅地地盤の品質を評価するためには,宅地地盤の評価に携わる技術者が地盤工学に関する高度な専門知識と技術者倫理を有する必要があります。そこで,地盤品質判定士会(地盤品質判定士協議会)では地盤工学会と連携して,宅地地盤の品質を評価するうえで必要な分野を網羅する講習会を企画いたしました。
 2018年2月には国土交通省「公共工事に関する調査及び設計等の品質確保に資する技術者資格」の 新分野である宅地防災の登録資格として単独で認定され、地盤品質判定士の活躍の場が進展しています。本講習会は,宅地地盤の品質評価の理解ばかりでなく地盤品質判定士資格検定試験の受験にも十分役立つ講演内容と考えております。奮って御参加下さい。

〇日時:2020年9月9日(水) 9:00~17:00
〇会場:地盤工学会 大会議室(東京都文京区千石4-38-2)
〇参加費:会員12,000円 非会員15,000円(消費税・配布資料含む)
〇配付資料:本講習会のために講師が作成した説明資料の縮小版コピーを配布します。
〇定員:40名